ここから本文です

CB不在の川崎F、長沢2発の仙台と辛くもドロー…3連覇遠のく4戦未勝利

8/17(土) 21:05配信

ゲキサカ

[8.17 J1第23節 仙台2-2川崎F ユアスタ]

 J1リーグは17日、第23節を各地で行い、川崎フロンターレは敵地でベガルタ仙台と対戦し、2-2で引き分けた。FW長沢駿の連続ゴールで一時は逆転を許したが、MF長谷川竜也のゴールで同点に追いつき、辛くもドロー。3連覇を目指す川崎Fは直近4試合未勝利と苦境が続いている。

 出場停止でDF谷口彰悟とDFジェジエウの2人を欠き、DF車屋紳太郎とDF山村和也が急遽センターバックを担った川崎F。前半23分、右サイドバックのDFマギーニョからパスを受けたMF田中碧が一枚を剥がして鋭いドリブルで切れ込み、縦パスを通す。MF阿部浩之がターンから左足を振り抜き、ゴール右下に流し込んだ。

 2試合無得点だった川崎Fは3試合ぶりのゴール。しかし、後半は仙台が押し返す。後半9分、DF平岡康裕のロングボール一本でDFラインの裏に抜け出した長沢が巧みなトラップでおさめると、山村をかわしてエリア内に侵入。GKとの1対1を制し、右足で流し込んだ。

 試合を振り出しに戻した仙台は流れを引き寄せ、後半19分、DF金正也がするするとドリブルで持ち上がり、エリア内にスルーパス。うまく抜け出した長沢がGKとの1対1を制して左足で流し込み、逆転ゴールを陥れた。

 川崎Fも意地を見せ、後半34分、MF中村憲剛のパスを受けたマギーニョが右クロスを配給。ファーサイドの長谷川が相手のマークを外してヘッドで合わせ、2-2に追い付いた。そのままタイムアップを迎え、勝ち点1ずつを分け合った。

最終更新:8/17(土) 21:11
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事