ここから本文です

【北九州記念の見どころ】3歳馬や歴戦の古馬など多様なメンバーが火花を散らす短距離重賞

8/18(日) 7:32配信

netkeiba.com

 牡牝ともに注目の3歳馬や昨年覇者など多様なメンバーが集結するサマースプリントシリーズ第4戦。出走する主な有力馬は次の通り。

■8/18(日) 北九州記念(3歳上・GIII・小倉芝1200m)

 ディアンドル(牝3、栗東・奥村豊厩舎)は葵Sを制し、5連勝で重賞制覇を果たした。先行力が高く、一戦ごとにレースぶりも安定してきている。今回は古馬との初対戦。試金石の一戦となるが好勝負を期待したい。

 モズスーパーフレア(牝4、栗東・音無秀孝厩舎)は高松宮記念で15着と惨敗したが、中2週というローテーションが響き体調面が万全ではなかった。しっかり立て直された今回は、持ち前のスピードをいかんなく発揮できるだろう。

 その他、昨年の覇者アレスバローズ(牡7、栗東・角田晃一厩舎)、同2着のダイメイプリンセス(牝6、栗東・森田直行厩舎)、重賞を2勝しているファンタジスト(牡3、栗東・梅田智之厩舎)、4連勝中のロンロ産駒ミラアイトーン(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、バーデンバーデンCを勝利したカラクレナイ(牝5、栗東・松下武士厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

最終更新:8/18(日) 7:32
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事