ここから本文です

オートバックス、見守りAIロボット「ZUKKU」発表 楽しい会話を通じて離れた家族をつなぐ

8/18(日) 11:00配信

レスポンス

オートバックスセブンは、「WEAR+i(ウェア アイ)」のサービスとして、ハタプロとNTTドコモ、日本情報通信とともに、対話型AIサービスを搭載した『ZUKKU(ズック)』による見守りサービスを9月下旬より展開する。

[関連写真]

オートバックスセブンは、安心と安全な生活に貢献することを目的とした新ブランド「WEAR+i」を2019年1月より設立。主に高齢者見守りサービスとして、クルマあるいはそれ以外でのお出かけ時、在宅時と、さまざまな生活シーンを豊かにする商品やサービスを開発・展開。今回、在宅時の見守りとして、対話機能や人感センサーを搭載したミミズク型ロボット“ZUKKU”を活用した見守りサービスを開始する。

ZUKKUは、安価で手軽に導入できる、身長10cmのフクロウ型AIロボット。通信機能でクラウドのAIにアクセスし、自然な会話を実現する。見守る家族は、Web画面から見守られる人とZUKKUとの会話の頻度や一定のキーワードから、体の不調等をタイムリーに確認できる。

また、日ごろからZUKKUと会話をすることで、ZUKKUが大切な人の心のよりどころとなるだけではなく、会話を通じて毎日の生活を楽しく彩る。あえてカメラ機能は搭載せず、会話内容の詳細等は家族にも非公開。見守られる人は、ZUKKUと自然な日常会話を楽しみながら、監視ではない、ゆるやかな見守りを受けられる。

なお、サービスの概要については、詳細が決まり次第アナウンスされる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8/18(日) 11:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事