ここから本文です

The 1975のマシュー、LGBTQを罰する法律が存在するドバイ公演で男性ファンにキス

8/18(日) 15:00配信

rockinon.com

2019年度のマーキュリー・プライズにノミネートされているThe 1975のフロントマン、マシュ・ヒーリーが、同性愛が禁止されているアラブ首長国連邦のドバイで開催されたライブで、同性愛者の男性ファンにキスしたことがわかった。

「Billboard」のニュースを報じた「MTV」によると、The 1975は現地時間8月4日に初のドバイ公演を行い、ステージから観客席へ降りたマシューが男性ファンにキスをしたという。

“Loving Someone”の演奏中に、「Marry Me(結婚して)」という叫び声を耳にしたマシューがそのファンに近づいて抱き締め、キスをしてほしいか相手に尋ねて「イエス」の返事をもらったマシューが、ファンの唇にキスをしたと伝えられている。

ライブの終了後にマシューはTwitterに、「ありがとう、ドバイ。君たちは最高だったよ。僕の“行為“のせいでドバイには戻って来れないかもしれないけど、みんなのことが大好きだと知っておいてほしい。また機会を与えられたら、僕は同じことをするよ」と投稿している。


法律で同性愛が厳しく罰せられるドバイでは、これまでに公の場でキスをした同性愛者が逮捕されたケースがいくつかあり、同性愛は最大で10年間の禁固刑に処される違法行為として見なされているという。

キスされた男性の顔が公になってしまうと、危険にさらされてしまう可能性があるため、ファンたちは「公にLGBTQを差別するこの国でマシューは男性にキスをしたけれど、どうかその時の写真をSNSにアップしないで…」と呼びかけているという。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:8/18(日) 15:00
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事