ここから本文です

高岡商ナイン 甲子園から帰校 森田主将「感謝の気持ちでいっぱい」

8/18(日) 15:04配信

北日本新聞

 全国高校野球選手権大会で2年連続の16強入りを果たした高岡商ナインが18日、高岡市横田の同校に戻った。生徒や保護者ら約150人が出迎え、選手を温かくねぎらった。森田朝陽主将は「力を全て出し切ることができた。応援してくださる皆さまに感謝の気持ちでいっぱい。日本一の目標は後輩たちが必ず果たしてくれると信じている」と話した。 

 ナインを乗せたバスは午後1時ごろに到着した。選手たちは約2週間の遠征にも疲れた表情を見せず元気な様子。宮岸毅校長が「全国の舞台で素晴らしい活躍をしてくれた」とたたえた。

 荒井毅同窓会長、丹保正敏野球部後援会長らがあいさつした。

 吉田真監督が結果を報告。「3回戦で履正社に惜しくも敗れたが、73人全員で気持ちを切らさずに最後まで戦ってくれた。誇らしく思う」と振り返った。

最終更新:8/18(日) 15:04
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事