ここから本文です

【MotoGP】今季2勝目を挙げたドゥカティのドヴィツィオーゾ、逆転タイトルに向け「この勝利が活力になれば」

8/18(日) 14:45配信

motorsport.com 日本版

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、MotoGP第11戦オーストリアGPでマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)とのバトルに競り勝ち、開幕戦以来の勝利を挙げた。

【写真】接近戦を繰り広げるドヴィツィオーゾとマルケス

 予選ではポールポジションのマルケスからコンマ4秒遅れの3番手となったドヴィツィオーゾだったが、レースでは激しい首位争いを展開。最終ラップの最終コーナーでマルケスをオーバーテイクし、見事勝利した。

 ドヴィツィオーゾはレースを振り返って、次のようにコメントした。

「この勝利は僕たちに、今後に向けてのエネルギーを与えると思う」

「優勝することは常に重要なことだ。ただ、いくつかのレースで大きく苦戦しながらも、今回のようにスピードで(マルケスを)上回って、レースでも良い形で勝利できたことは、僕とドゥカティにとって非常にポジティブなことだ」

「今後のシーズン、そして開発のためのエネルギーになるだろう。エネルギーは違いを生み出してくれるし、それが多いほどより良い走りができるんだ」

 今季2勝目を挙げたドヴィツィオーゾだが、チャンピオンシップの面では首位のマルケスに58ポイント差をつけられランキング2位となっている。彼はタイトル争いが決着したとは考えていないようだが、同時にこの点差をひっくり返すことが難しいとも感じているようだ。

「マルクは多くのレースでポテンシャルを発揮しているし、昨年よりもかなり競争力がある。だから彼はどのトラックでも強いだろうし、それ(逆転は)かなり難しいと思う」

「でも僕たちはバイクの開発に取り組み続けていて、現にこのレース(オーストリアGP)でも勝つことができた。今後は何が起こるか分からないし、色んな要因が絡んでくる。だから僕は希望を捨てたくはないし、それは自然なことだ」

「マルクにタイトル争いで勝つということは、現実的に考えてかなり厳しいけど、僕たちはアプローチを決して変えたりしない。僕たちのパフォーマンスは彼を倒すのに十分ではないから、引き続き改善しなければならない」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:8/18(日) 14:45
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事