ここから本文です

高価な皿を割り「終わったと思った」 絶望する子どもに養父がかけた言葉は…… 漫画「初めて思いやりを知った話」に反響

8/18(日) 19:30配信

ねとらぼ

 荒れていた子どものころ、養父母の優しさに救われた――。そんな経験を描いた漫画「初めて思いやりを知った話」が、Twitterで大きな反響を呼んでいます。

【画像】漫画を全部読む(全4ページ)

 作者の木崎アオコさんは、昔わけあってある夫婦の養子に迎えられました。家庭環境は豊かでしたが、木崎さんは荒れに荒れて迷惑をかけてばかりだったといいます。

 今思えば、子どもがわざと相手を困らせることで、相手の愛情を推し量る「試し行動」だったのではないかと振り返る木崎さん。当時は迷惑をかけられても優しく接してくれる養父母を見て、「本心は私のことなんてどうでもいいんだろうな」などとひねくれたことを思いつつ、「この生活がずっと続けばいい」と、家庭になじんでいったようです。

 ところがそんなある日、留守番中に犬用の高価な皿を誤って割るという、絶望する出来事が。木崎さんは「追い出される」「非難される」「弱味になる」と、ネガティブな思いでいっぱいになってしまいました。

 木崎さんは養父に電話し、失敗を告白。「きれいに後片付けしたし、犬も無事。床も全然傷はないんだけど」――なんとか罪を軽くしようと、弁明の言葉を並べます。そんな彼女に、養父は「別にそれはいいんだけど」と怒る様子もなく、「アオコはケガなかったの?」と気遣いました。

 その優しい言葉は、木崎さんの心を大きく揺り動かしました。くちびるをかみしめて声を押し殺しても、目からは大粒の涙がとめどなくこぼれてきます。

 養父のひとことが「いびつな私を人間の形に寄せたのだと思う」と、漫画は締めくくられました。その言葉は読者にも刺さったようで、リプライでは共感の声が多数上がっています。

作品提供:木崎アオコさん

ねとらぼ

最終更新:8/18(日) 19:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事