ここから本文です

【RIZIN】浅倉カンナ 天心の目の前で復活V「素直にうれしい」

8/18(日) 17:58配信

東スポWeb

 格闘技イベント「RIZIN.18」(18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)で、RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント覇者の浅倉カンナ(21)が、アリーシャ・ザペテラ(24=米国)に判定2―1で勝利した。

 ともにレスリング出身ながら、1ラウンドはスタンドでの打ち合いとなった。試合前「怖い自分を出したい」と話していた浅倉は、その言葉通り強烈なパンチをザペテラの顔面に叩き込み、早々に鼻から出血させることに成功。リングサイドで那須川天心が見守る中、2ラウンドもスタンドの攻防が中心となり、パンチやヒザ蹴りを叩き込んだ。

 最終3ラウンドもペースを渡さない。強烈な左右のパンチを何発も顔面にヒットさせ、僅差ながら判定勝利を収めた。RIZINでは浜崎朱加戦、山本美憂戦と2連敗中だっただけに、勝利の瞬間、リングサイドの那須川も思わずガッツポーズだった。

 その後、マイクを持った浅倉は「正直、試合内容はパッとしない試合をしてしまいましたが、勝ってマイクを持つのが久々で、素直にうれしいです。前回、美憂さんに負けて一番下に戻ってしまいましたが、ここから這い上がっていくので応援よろしくお願いします」と話した。

最終更新:8/18(日) 18:00
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事