ここから本文です

【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が鼻血も接戦を2-0で乗り切る

8/18(日) 17:20配信

イーファイト

キックスロード
『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』
2019年8月18日(日)東京・大田区総合体育館

【フォト】ぱんちゃんがリーチのある右ストレートで攻める

▼第2試合 46kg契約 3分3R
○ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)
判定2-0 ※30-28、29-29、29-28
●祥子(JSKキックボクシングジム)

 ぱんちゃん璃奈(25=STRUGGLE)はデビュー4戦目。「今までと違ってワクワク感の方が大きい。会場に入れば緊張するかもしれないけど、この2か月成長してきた自信があるので、それを出せればというワクワクの方が大きい」とし、初のKO勝利を目指す。

 対する祥子(35=JSKキックボクシングジム)はNJKFミネルヴァ ピン級1位のプロ選手としての活動の傍ら、キックボクシングジムおよびフィットネスジム2店舗を経営。さらに2児の母と「三足のわらじ」を履くマルチな活躍を見せている。女子キックボクシングイベント『J-GIRLS』のタイトル挑戦の経験もあり急成長を続けるぱんちゃんと好試合が期待された。

 1R、ぱんちゃんの連打が祥子にヒットするが、祥子もぱんちゃんの入り際にパンチを連打する。ぱんちゃんのローにもパンチを合わせ一進一退。

 2R、開始1分でぱんちゃんの右ストレートがヒットし、それを境にぱんちゃんが少しづつ流れをつかみ首相撲から膝蹴りもヒットするようになる。祥子のショートの間合いでのパンチで鼻血を出すぱんちゃん。

 3R、リーチのあるぱんちゃんは、前蹴りで突き放し入っては組んでの膝蹴りを繰り返し、祥子のショートのパンチをなかなか入れさせない。ほぼ互角といっていい展開だったが、判定2-0でぱんちゃんが接戦を制した。

最終更新:8/19(月) 1:37
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事