ここから本文です

AirPodsの片方をなくしたときの対処法

8/18(日) 6:05配信

ITmedia Mobile

見つからない場合は修理扱いに

 上記の内容を試してもAirPodsが見つからない場合は、近くのApple正規サービスプロバイダーもしくはApple Store直営店へ製品を直接持ち込む修理扱いとなる。

 来店前にあらかじめ「修理サービスを申し込む」リンクから来店予約をする必要がある。必要なものは下記のいずれか。

・AirPods本体
・充電ケース
・購入証明書 (購入時のレシートなど)
・AirPodsのオリジナルパッケージ

 また、対面でシリアル番号の確認が必要になる。シリアル番号は、充電ケースのフタの裏面に印字されている。AirPodsがiOSデバイスに接続されている時は、「設定」→「一般」→「情報」→「AirPods」でもシリアル番号を確認できる。

 AirPodsの修理/交換料金は、バッテリーが5400円(片方)、紛失は7800円(片方)、保証対象外修理サービス料金は7800円(片方)となる(税別、以下同)。

 充電ケース(Charging Case)の修理/交換料金は、バッテリーが5400円、紛失は6800円、保証対象外修理サービス料金は6800円となる。

 Qi規格に対応した充電ケース(Wireless Charging Case)の修理/交換料金は、バッテリーが5400円、紛失は8800円、保証対象外修理サービス料金は7800円となる。

 いずれも代金はストアで払う。実際の修理申し込み手順は以下のようになる。

ITmedia Mobile

2/2ページ

最終更新:8/20(火) 10:15
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事