ここから本文です

17話直前考察「あなたの番です」黒島のポーズから口角上げの動機を推理 二階堂スーパーアクション&大活躍を予想

8/18(日) 11:19配信

ねとらぼ

黒島のしーっのポーズと口角上げの関連性

 黒島沙和(西野七瀬:202号室)がたびたび二階堂忍(横浜流星:304号室)にやる「しーっ」のポーズ。

 人差し指1本を口元にもってきて「しーっ」。

 これ、指2本にすると、口角を上げる「にかーっ」のポーズになるのだ。

 二階堂忍(横浜流星:304号室)には「しーっ」のポーズをやり、ストーカー内山達生(大内田悠平)には、「にかーっ」のポーズをやって殺しを指令していたとしたら!

 と、黒島ちゃん黒幕説をぶちあげたくなる展開になってきた。

ストーカー内山の自殺は何を示すのか

 16話で、ベテランストーカー内山(大内田悠平)が自殺。

 手塚翔太(田中圭:302号室)、二階堂忍(横浜流星:304号室)、水城洋司(皆川猿時)がドアを開けると、連動するからくりでダーツの矢が内山に刺さって、「ぶっるでええええーす」と絶叫。

 奇っ怪な自殺シーンを、翔太たちは目撃することになっちゃうんである。

 口角上げ連続殺人は、ベテランストーカー内山が実行犯だという流れが、これによって生じる。

ストーカー内山は誰を殺したのか

 黒島のボディガードこと内山くんは、黒島を守るために殺人を犯したのは間違いないだろう。

 浮田啓輔(田中要次:201号室)は、交換殺人メモの仕掛けで黒島を疑っていた(くわしくは16話直後考察を参照)。それを確かめに行くといった直後に殺された。内山が黒島を守るために殺したと考えるのが妥当だ。

 赤池家殺害も、内山か。「赤池美里」のメモを引いた黒島ちゃんの代わりに内山が殺したのだ。

死体の口角をあげた理由は

 そうなると、「死体の口角をあげた」理由が判明する。

 「君(黒島)を守っているのは、いつも口角をあげて君を観ているぼくなんだよ」と、死体の口角をあげることで内山はメッセージしていたのだ。

 なにしろ、内山はいつもニヤニヤしながら黒島をストーカーしている。いつもニヤけているので「ニヤケユウジ」というニックネームがついているぐらいだ。「口角をあげたのはぼくだよ」というメッセージだ。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 11:19
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事