ここから本文です

走り幅跳び・城山正太郎 “陸上日本記録の女神”が住む地で日本新「なんとも言えない」

8/18(日) 8:30配信

デイリースポーツ

 「陸上・アスリートナイトゲームズ・イン福井」(17日、福井県営陸上競技場)

 男子走り幅跳びで城山正太郎(24)=ゼンリン=が8メートル40の日本記録を樹立した。これまでの自己記録8メートル01を39センチ更新。今季世界ランク2位の大記録となった。直前に日本選手権3連覇中の橋岡優輝(20)=日大=が8メートル32を跳び、92年に森長正樹が出した日本記録8メートル25を27年ぶりに更新していたが、その約30分後に城山が塗り替えた。男子100メートルは前日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=が、10秒05で優勝した。

【写真】日本記録をさらに更新の伏兵・城山…発達した大腿筋を見よ!

 ここには“陸上日本記録の女神”が住んでいるのか。2年前に男子100メートルで桐生が日本人初の9秒台をマークした「9・98スタジアム」で、3種目計4回という怒とうの日本記録ラッシュ。特に男子走り幅跳びでは27年ぶりに更新された日本記録が、その30分後に別の選手に更新される珍事が起こった。

 まず“本命”橋岡が歴史の壁を越えた。男子100メートル日本記録保持者サニブラウンと同世代で、人気ドラマ「あなたの番です」出演の俳優・横浜流星似のイケメンが、次は俺の番だと言わんばかりのビッグジャンプを1本目に披露。8メートル32で“師匠”森長コーチの日本記録をついに更新した。ただ、一度頬を緩ませた後、橋岡は何度も首をかしげた。「意外に(記録が)出ちゃった」-。

 胸に宿る不安は30分後に的中する。日本選手権では23位だった伏兵・城山が、3年前にマークした自己記録をなんと39センチも更新する8メートル40を樹立。橋岡の記録をさらに8センチ上回り、今季世界ランク2位の大跳躍に城山は、こちらも端正な顔立ちで「なんとも言えない。まさか40とは」と目を丸くし「8メートル40スタジアムになってほしい。難しいと思うけど」と、笑った。

 9秒台も生んだ絶好の風と高速トラック、そして“日本記録の女神”に翻弄(ほんろう)され、27年間動かなかった時計は、突如として2度進んだ。

最終更新:8/18(日) 8:53
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事