ここから本文です

大谷、デビューから2年連続15本塁打&50打点 松井秀、井口に続いて日本人3人目

8/18(日) 9:10配信

デイリースポーツ

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が16日のホワイトソックス戦に「3番・指名打者」で出場し、2年連続の50打点をマークした。三回1死三塁の場面で適時二塁内野安打。メジャー1年目の昨季に続き、15本塁打&50打点を記録した。

 デビューから2年連続15本塁打&50打点をクリアしたのは、ヤンキースでプレーした松井秀(03、04年)、ホワイトソックスの井口(05、06年)に続いて日本選手3人目の快記録となった。

 この日の大谷は4打数1安打1打点。7試合連続安打で打率は・295。試合は2-7でエンゼルスが敗れて連勝は2で止まった。

最終更新:8/18(日) 13:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事