ここから本文です

明石商が初の4強!昨夏敗戦の八戸学院光星に執念の1点差リベンジ

8/18(日) 10:51配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・準々決勝、明石商7-6八戸学院光星」(18日、甲子園球場)

【写真】星稜・奥川が号泣 涙の理由は智弁主将の言葉「日本一を狙ってくれと…」

 明石商がセンバツに続き2季連続、夏は初の4強入りを果たした。昨夏初戦で8-9で敗れた八戸学院光星に執念でリベンジした。

 明石商は初回に重宮からの3連打にスクイズを絡めて3点を先制。2回には4番・安藤が右中間へ3ランを放った。同点の8回には相手投手の暴投で決勝点を挙げた。

 七回裏には2死三塁でエースの中森俊介投手(2年)を投入。自己最速151キロをマークし、相手打者を一邪飛に抑え込んだ。中森は八回1死一、三塁をしのぎ、九回も1死二塁とされたが踏ん張った。

 八戸学院光星はじわじわと反撃。六回に追いついたが13残塁と攻めきれず、7年ぶりの4強入りはならなかった。

最終更新:8/18(日) 11:02
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/18(水) 12:25

あなたにおすすめの記事