ここから本文です

渋野日向子は優勝ならず 最終18番で痛恨の3パットに「うわぁ」プレーオフ進めず

8/18(日) 13:09配信

デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・NEC軽井沢72・最終日」(18日、軽井沢72北コース=パー72)

【写真】3パットに「うわぁ」ぼう然とした表情の渋野

 AIG全英女子オープンで日本人としては42年ぶりのメジャー制覇を果たし、帰国第2戦の今大会も首位と1打差の通算9アンダーで最終日を迎えた渋野日向子(20)=RSK山陽放送=が5バーディー、1ボギーの68で回り通算13アンダーまで伸ばしたが、優勝はならなかった。

 渋野は最終18番パー4を3パットのボギーとし、プレーオフ進出を逃すと、「うわぁ」と声を発し、口に手をやり、やや涙目になりながら悔しさを表した。

 この日の渋野は海を渡った強行3連戦の疲れのせいか、序盤からアイアンショットの切れが今ひとつ。出だし1、2番を持ち前のアプローチでパーセーブとした後、3番パー3で最初のバーディー。ピン奥8メートルからのパットが1度カップの縁に止まりかけたが、最後にコロリと転がって入った。

 その後も4~7番まではすべてアプローチを寄せてのパーを連ね、8番パー3で5メートルを沈めてバーディー、続く9番パー5では第2打をグリーン左前エッジまで運び、残り25ヤードのアプローチをピタリと寄せて連続バーディー。この時点で最終組を一緒に回る浜田茉優と通算12アンダーの首位に並び、サンデー・バックナインへ向かった。

 後半は浜田とともに13番までパープレー。そして14番パー4ではピン左1・5メートルにつけ、これを強めに決めて通算13アンダー。3組前でスコアを伸ばす穴井詩(らら)を1打差で追った。

 そして続く15番パー4でもピン右7メートルからのバーディーパットを沈めて通算14アンダーで再び首位タイへ。16番パー5では第3打をピン手前5メートルのカラーに運んだがパー。17番パー3もパー。この時点では2組前のイ・ミニョンも終盤の3連続バーディーで、渋野、穴井とともに首位タイとなった。

 しかし、渋野は最終18番でピン右6メートルからのバーディーパットを強めに打ち、2メートルほどオーバー。返しのパーパットも左に外してプレーオフ進出を逃した。

最終更新:8/18(日) 15:21
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事