ここから本文です

【新潟6R・2歳新馬】ペコリーノロマーノが断然人気に応えて初戦V

8/18(日) 13:50配信

スポーツ報知

 8月18日の新潟6R・2歳新馬(芝1400メートル=18頭立て)は、4角で先頭に立ったロードカナロア産駒のペコリーノロマーノ(牝、美浦・久保田貴士厩舎)がそのまま後続の追撃を振り切って初陣を飾った。勝ち時計は1分23秒2。

 ポンと飛び出したが、内のイマージュに主導権を譲って半馬身差の2番手。最後の直線を迎える前にたまらんとばかりに先頭に躍り出ると、後続につけいるスキを全く与えなかった。2着チェーンオブラブに1馬身半差をつけて悠々ゴール。単勝1・8倍の圧倒的な支持に応える快走劇を演じた。

 手綱を執った武藤雅騎手は「調教の時から能力が高いのは分かっていた。スタートだけ気をつけて騎乗した。力があるから早めに先頭に立ってしまい、ソラを使ってしまった。クラスが上がるので、そのあたりは修正したい」と、今後の成長に期待を寄せた。

 管理する久保田調教師は「器用すぎるところがあるが、今後は暮れの阪神ジュベナイルフィリーズを目指していきたい」大きな目標を口にした。

最終更新:8/19(月) 7:56
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事