ここから本文です

上野樹里 ドラマ娘役が描いた似顔絵に大満足「目大きく描いてくれて、ありがとう」

8/18(日) 15:43配信

デイリースポーツ

 フジテレビ系ドラマ「監察医 朝顔」(月曜、後9・00)に第6話から本格的に登場する子役・加藤柚凪(ゆずな・4)のお披露目会見が都内で行われ、主演の女優・上野樹里(33)と、上野の父役・時任三郎(61)が出席した。

 加藤は、万木朝顔(上野)と桑原真也(風間俊介)の間に生まれる娘・つぐみを演じる。前回放送のラストシーンでは、朝顔と桑原、平(時任)とつぐみが4人で一緒に暮らす様子が描かれ、その後の展開が話題となっていた。

 加藤は“ママ”と“じいじ”に似顔絵のプレゼント。一緒に暮らす4人の顔が描かれ、そのクオリティーに時任も「上手だね」と目尻を下げまくっていた。一方の上野は「ママの目大きく描いてくれてるじゃん、ありがとう~。マスカラばっちりだね」と自身の似顔絵に大満足していた。

 今作がドラマ初出演の加藤は、報道陣の前で会見をするのも初めてだが、「緊張してないです」と早くも大物ぶりを見せ、渡されたハンドマイクのスポンジを取ってみたり、くわえてみたり。時任は「食べちゃいそうだね」とニヤニヤしていたが、上野は「マイク(の距離)はこれくらいでいいですよ」とアドバイスし、時折“母”の顔を見せていた。

最終更新:8/18(日) 15:58
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事