ここから本文です

阪神が木浪、福留の連続適時打で1点差に詰め寄る

8/18(日) 15:50配信

デイリースポーツ

 「巨人-阪神」(18日、東京ドーム)

 阪神は七回、木浪聖也内野手、福留孝介外野手の連続適時打で1点差に詰め寄った。

 3点を追う七回。1死から代打・鳥谷が6日のヤクルト戦(神宮)以来となる右前打で出塁した。続く近本は右飛。2死一塁となり、木浪が打席へ。山口が投じた1ストライクからの2球目、内角寄りの145キロ直球をフルスイング。鋭い打球は右中間を破る適時二塁打となり、1点を返した。

 なおも2死二塁。若虎の一撃にベテランも奮起した。続く福留は2ボールからの3球目、外角へのフォークに反応し、中堅へ弾きかえした。その間に二走・木浪が生還し、1点差。猛虎打線が意地を見せた。

最終更新:8/18(日) 15:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事