ここから本文です

足のつった星稜・荻原を仙台育英・小濃が“救援”水分を持ってマウンドへ

8/18(日) 15:58配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・準々決勝、星稜-仙台育英」(18日、甲子園球場)

 星稜の先発・荻原吟哉投手(2年)が七回2死、99球目を投げたところで右足がつったしぐさをみせた。

【写真】強い日差しのなか…星稜・荻原が熱投

 ここで、仙台育英の背番号9・小濃塁外野手(3年)が水を持ってマウンドへ駆け寄り、水分補給を促した。笑顔で声をかけ、荻原ももらった水を飲み干した。

 仙台育英は1-9とリードされている状況。この光景には両軍のアルプス席を含め、割れんばかりの拍手が送られた。

 前日17日、仙台育英-敦賀気比の一戦ではファウルチップの当たった仙台育英・木村の左膝を直撃。この際、敦賀気比の控え部員がコールドスプレーをかけ、手当てする光景もあった。

最終更新:8/18(日) 16:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事