ここから本文です

広島打線がDeNA・今永に沈黙…完封負けで連敗 首位・巨人に6・5差

8/18(日) 21:05配信

デイリースポーツ

 「DeNA1-0広島」(18日、横浜スタジアム)

 ドーピング検査での陽性反応によりバティスタが登録抹消となってから2試合目、打線がDeNAのエース・今永の前に沈黙し、5安打完封負けで連敗を喫した。カード負け越しで2位のDeNAとのゲーム差は1・5、首位・巨人とは6・5差に広がった。

【写真】ベンチで汗をぬぐう九里 無念がにじむ…

 先発の九里は六回までDeNA打線を封じ込めた。だが、打線が今永を攻略できない。二回は会沢と小園に安打が出たものの、得点には至らず。以後は安打を固めることができなかった。

 すると、相手のラミレス監督が動き、七回からベンチスタートだったロペスが一塁守備についた。その裏、ロペスに九里が24号ソロを被弾。この1点が勝敗を分けた。

 この日も3番は鈴木。以後、4番・松山、5番・メヒア、6番・会沢という打線だった。

最終更新:8/18(日) 22:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事