ここから本文です

【RIZIN】史上初の2冠王堀口恭司、まさかのKO惨敗…朝倉海に68秒負け

8/18(日) 19:29配信

スポーツ報知

◆RIZIN.18(18日・ドルフィンズアリーナ)▽第13試合・RIZIN MMAルール5分 3回戦(61・0キロ)〇朝倉海(1回1分8秒、KO)堀口恭司●

【写真】渡辺華奈、セクシービキニでフライパン曲げ披露

 格闘技イベント「RIZIN.18」が18日、愛知県名古屋市のドルフィンズアリーナで行われ、RIZIN、ベラトールのバンダム級2冠王者・堀口恭司(28)=アメリカン・トップチーム=は、朝倉海(25)=トライフォース赤坂=に1回1分8秒KOで惨敗した。

 6月14日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでベラトール世界バンダム級王者、ダリオン・コールドウェルに3―0で判定勝ち。総合格闘技史上初の2団体2冠を成し遂げた。2冠王の戦いに注目が集まったが、右のカウンターで片方のヒザをつくとパンチ、膝蹴りのラッシュで追い込まれ、最後は右ストレートでKO負けを喫し朝倉の強烈なラッシュに撃沈した。

 リング上で大番狂わせを起こした朝倉は「みなさんありがとうございました」と観衆に感謝すると「勝てないって人多かったけどそんなことなかったでしょ」とアピールした。右のカウンターは「作戦でした。右で合わせる作戦です。当てれるのは想定していたんでその後、冷静にいこうと思っていた」と明かした。

 その上で「挑戦することの大切さをたくさんの人に伝えたかった」とし「自信になりました。対戦を受けてくれた堀口選手に感謝したい」と頭を下げていた。

最終更新:8/18(日) 20:21
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事