ここから本文です

「ちゃおガール2019」グランプリは群馬出身の小6チアガール根岸実花さん

8/18(日) 20:11配信

スポーツ報知

 女優の仲里依紗、山田杏奈らを輩出した「ちゃおガール2019★オーディション」が18日、横浜市内で開かれ、群馬県出身の小学6年生・根岸実花さん(11)がグランプリに輝いた。

 女子小学生に人気の少女漫画誌「ちゃお」やYouTubeなどで活動する「ちゃおガール」を選出するオーディション。応募総数5000通から選ばれたファイナリスト9人がステージに上がり、特技披露や自己PR、ダンス審査などで競った。

 根岸さんは、特技のチアリーディングをアクロバチックに披露。5000人の頂点に立ち、「支えてくれたお母さんとお父さん(に感謝の気持ちを伝えたい)です。会場に来ているけど、(緊張してしまい)探す気力がなかった」。今後はモデルとして同誌に登場するが、「みんなに元気を届けていけたらいいなと思っています。明るくて面白い、かわいいモデルになりたい」と目を輝かせた。

 チャームポイントは「明るく元気なところ」。目標は、元ちゃおガールの山田といい「演技も上手でかわいいので、みんなが憧れている。(私も)いつも笑顔で元気に、ちゃおっ子たちに笑顔を届けられるように頑張りたい」と話した。

最終更新:8/18(日) 20:11
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事