ここから本文です

42歳・近藤智弘、7年ぶり復活V「いいきっかけになる優勝です」

8/19(月) 6:55配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援 ゴルフ イーグルカップ 第45回札幌オープン 最終日(18日、苫小牧市・桂ゴルフ倶楽部=7119ヤード、パー72)

 決勝ラウンド(R)が行われ、初日首位の近藤智弘(42)=ネスレ日本=が、5バーディー、1ボギーの通算11アンダーで7年ぶり3度目の優勝を飾った。2017年には腰痛の影響で16年間守った賞金シードを失うなど苦しんだが、18年には登録名を「共弘」から9年ぶりに本名に戻し“原点回帰”で復活Vを果たした。道勢では札幌市出身の安本大祐(32)=テラモト=が67で回り、通算9アンダーの2位。幕別町出身の植竹勇太(23)=セガサミー=は5位タイと健闘した。

 最終18番。30センチのパットを沈めると、近藤はウィニングボールを誇らしげに掲げた。出場者唯一の2桁となる、通算11アンダーでの完全優勝。「ここ2年間、自信をなくして苦しいシーズンを送っていた。いいきっかけになる優勝です」と、苦しみ抜いた末の復活Vに会心の笑顔が輝いた。

 首位に3人が並んだ決勝R。前半は我慢のゴルフが続き1アンダー。それでも近藤は「守りに入らず攻めのゴルフを貫いた」。後半12番から3連続バーディーで猛追。14番ロングでは左バンカーに入れるも、3打目で冷静にピン側2メートルに寄せ「プレッシャーがある中、平常心でできたのが良かった」と振り返った。

 ツアー6勝を誇る42歳も、肉体の変化に苦しんだ。一昨年は腰痛の影響で16年間守ってきた賞金シードを喪失。イメージと動きがかけ離れ、自信を失った。「練習を休むのが苦手なタイプだったけど、ここ1年は球数を減らしたり体のためにやってきた」と近藤。シャフトを軽くするなど、持病と付き合いながら、復活を目指した。

 昨年から登録名を「共弘」から、9年ぶりに本名に戻した。「40歳にもなったし、シードも落ちたし。もう1回スタートという思いも込めて」。ただの1勝ではない。後半戦に向け、近藤にとって復活を告げる大きな意味を持つ勝利となった。(清藤 駿太)

最終更新:9/2(月) 2:52
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事