ここから本文です

ヴォレアス快勝 クライン監督「ブロックと新戦力の活躍が収穫」

8/19(月) 6:58配信

スポーツ報知

◆男子バレーボールエキシビションマッチ ヴォレアス北海道3―0サフィルヴァ北海道(18日、旭川)

 男子バレーボールで今季からV2で戦うヴォレアス北海道と、V3に新規参入したサフィルヴァ北海道が18日、旭川でエキシビションマッチを実施。ヴォレアスが3―0で快勝した。格上の貫禄を見せたヴォレアスのエド・クライン監督(37)は「コンビネーション強化はここからだが、ブロックと新戦力の活躍が収穫」と手応えを明かした。

 17日に入団会見を行ったトルコ出身の197センチ、100キロの大型ミドルブロッカー(MB)、キサル・ムラート・ハン(29)が先発。スパイク4、ブロックとサーブ各1の6得点と強豪ぞろいのトルコ1部リーグで戦ってきた実力を発揮。「ヴォレアスのシンボルは、群れをなし行動する『オオカミ』。自分も早く仲間に加わりたかった」と汗をぬぐった。この春筑波大を卒業した新加入の田城広光(22)も試合途中から、兄・貴之(27)とMB対角を組み奮闘。2人で11得点(兄7、弟4)をあげ「兄が先発していたので負けられないと思った」と笑った。

 V2開幕戦は11月2日(対きんでん、旭川)。13得点の元全日本エース・古田史郎主将(31)は「全員で1点を取るための情熱を深めリーグ制覇、V1昇格を目指したい」と力を込めた。

(小林 聖孝)

最終更新:8/19(月) 6:58
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事