ここから本文です

子どもが言うことを聞かなくなったら…反抗期、どう対応する?(女の子編)

8/18(日) 10:23配信

ベネッセ 教育情報サイト

 反抗期の女の子は、「女の子らしさ」「一般的な礼儀正しさ」を求められることに、強く抵抗する傾向があります。性別の違いで話をすることは避けたいものですが、ついうっかり「女の子なのだから」という言葉は出てしまいがち…。特に母親は同性であるだけに、自分と違う部分に驚き、否定的になってしまうことも。反抗期はそのような否定に対する抵抗でもあると考えましょう。

言葉や服装が乱れるのは、一時的なもの

 反抗期の女の子は、言葉が汚くなったり、服装が乱れたりすることがあります。とはいえ、「汚い」も「乱れる」も、大人の基準。子ども自身は「ちょっとかっこいいもの」と考えていることが多く、それを否定してしまえばやはり子どもの判断や基準を否定していることになります。「だらしない」とひとことで片づけてしまうのはやめましょう。もちろん、「女の子なんだから」も言うべきではありません。
 とはいえ、厳しく伝えるべきこともあります。完全にいまの言葉や服装をやめたほうがいい、ということではなく、「学校では控えたほうがいい」「友達と遊ぶ時だけにしたほうがいい」と、その場に合った対処をすることです。その代わり、親の前で多少「だらしない」と思うことがあっても、それは「こういう時期なのだ」「一時のこと」と、甘く見てあげましょう。もっと外の世界に目を向けられるようになった時、言葉や服装は自然に落ち着きます。

「門限問題」。心配する理由をきちんと伝え、場合によってどう対処するかを話し合う

 わかりやすく「門限」の時間を設定するのは悪いことではありませんが、あくまでも目安の時間として考えるようにしましょう。もしも門限を守らないようであれば、友達と遊びたいからなどの理由もあるかもしれませんが、わざと門限を守らない、ということで「反抗」している可能性もあります。重要なのは、なぜ門限を守れなかったのかを聴いてあげることです。きっちりしすぎないこと、時には例外の日も考えてあげるなど、自由度を高くすることも必要です。それが、「自分は信頼されている」という自信や「親は自分の味方でいてくれる」という安心感にもつながります。

 時には、お友達の家がどんなふうにルール作りをしているかも聞いてみてください。「よそはよそ」ですが、あまりにも外の情報を排除してしまうのは逆に危険です。「聞く耳を持たない」、大人げない大人を見せてしまうことにもなりかねません。

 また、どうして夜遅くなると危険なのか、普段からニュース番組や新聞などで取り上げられる事件について、話す機会を持つのも大切なことです。ただただ「時間を守れ」と言っても、親の都合にしか思われません。門限をすぎる場合は、少し前に自宅に電話を入れるなど、どうするべきかも事前に話し合うようにしてください。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 10:23
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事