ここから本文です

日韓関係悪化が影響か ソウル便大幅利用減

8/18(日) 10:31配信

静岡朝日テレビ

静岡空港を発着するLCCのソウル便は利用者が去年から半減。就航したばかりのチェジュ航空も搭乗率が5割強に止まっていることが県のまとめで分かりました。
県によりますと、静岡とソウルを結ぶLCCのエアソウル便は先月の利用者数が去年と比べて47%減の3989人。5月からソウル便を就航しているチェジュ航空も搭乗率が5月の70%から先月は58%に減少し、来月から週4便の静岡便を3便に減らすことを決めました。日韓関係の悪化が背景と見られますが、県の担当者は「先月の利用者数に多少は影響が出たと思う。今後も需要は厳しいが、日本人客の利用促進に取り組みたい」と話しています。

最終更新:8/18(日) 12:04
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事