ここから本文です

真夏の祭典『K.O CLIMAX』で棚橋弘至風コスの小笠原が決勝進出もベルト奪取ならず!

8/18(日) 22:03配信

バトル・ニュース

 18日、大田区総合体育館にてKNOCK OUT『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』が開催。ミケール・フェルナンデス、小笠原瑛作、江幡塁、大野貴志による『KING OF KNOCK OUT 初代スーパーバンタム級王座決定 1DAY トーナメント』が行われた。

 一回戦は小笠原とミケールがフルラウンド戦い、鼻にダメージを負いながら小笠原の判定勝利。大野と江幡もドクターチェックを挟む激しい打撃戦のすえに判定となり江幡が勝利した。

 昨年6月のリベンジ戦となった小笠原は棚橋弘至風コスチュームでリングへ登場し場を盛り上げるが、両者一回戦のダメージがある中打撃戦となり、小笠原が2Rでダウンを奪われる。そのまま江幡がペースを掴み、判定3-0で江畑の勝利となった。

 小笠原は鼻骨骨折の疑いで病院へ。
 勝利した江幡は「初めてのトーナメント戦だったのでドキドキでした。KNOCK OUTは皆さんはじましての方もいると思いますが、新日本キックボクシングのベルトも持ってます。双子で活動してます。彼も世界チャンピオンです。こっからがスタートです。キックボクシング盛り上がってるのは感じてると思いますが、新日本キックが参加することでもっと白熱すると思います。今回KNOCK OUTのベルトを持って発言権や代表として戦うことができると思うので、キックボクシングを引っ張っていっている存在の那須川天心選手と交われたら盛り上がると思います」と、以前の会見で対戦を表明していた天心戦を改めてアピールした。

最終更新:8/18(日) 22:35
バトル・ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事