ここから本文です

ベタベタなのにパサパサ。暑いときのヘアケア3

8/18(日) 15:01配信

ELLE ONLINE

ボリュームダウンやベタついた頭皮、そして海でパサついた毛先。何かと悩みのつきない夏髪のケア方法を仏版「エル」よりクローズアップ!

毛先にオイルを塗る

気温の上昇と同時に湿度も高まる夏は、髪も突然気まぐれに。うねりやダメージ、パサつきなどによって起こる髪の不快感のすべてに対抗してくれるのがオイル。

理想的なパートナーとなりうるオイルは朝晩のヘアケアタイムはもちろん、ポーチにも滑り込ませて。まとまりのある髪は爽やかさをもたらしてくれるし、さらにナチュラルな香りをまとわせればセンシュアルさもアップ!

シャンプーの頻度は変えないで

夏の暑さによる汗、そして滞った空気のなかに潜む汚染物質などは、髪にとんでもない不快感を与える。もう何年も髪を洗っていないような感覚になったとしても、ちょっと待って!

気候や環境による刺激を受けてシャンプーを毎日したところで、それらの問題は全く解決しないことも。かえって髪を傷めてしまうので、洗髪のペースは変えないのがベター。

代わりに頭皮マッサージやドライシャンプーなどでケアを。

冷水で髪をすすぐ!?

多くの女性たちが聞いたことのある“冷水で髪をすすぐ”メソッド。

冷水によって髪の毛を引き締めることで、髪全体に瞬間的な輝きを与えるといわれているこの方法は、トリートメントを使わない100%ナチュラルな手法なだけに注目されている。

冬はさすがに挑戦できないけど、暑い日であればきっと気持ち良く感じるはず!?

(Translation & Text : Nathalie Lima KONISHI)

最終更新:8/18(日) 15:01
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事