ここから本文です

「頭部と性器を氷漬け」全米が驚くスキャンダルを起こした大富豪、そのぶっ飛んだ末路とは?

8/18(日) 11:31配信

FNN.jpプライムオンライン

世界の政治家やセレブ・要人のツイートをモーリー流に翻訳・解説する「Twittin’ English」。今回は8月1日、ニューヨーク・タイムズのツイート。

“永遠の命”への欲求から自身のクローン作成を計画

モーリー:

A federal judge overseeing the sex-trafficking case against Jeffrey Epstein set a tentative trial date for next June

ジェフリー・エプスタインの買春事件を扱う連邦裁判官は、来年の6月に裁判を行うと決定した。

「federal judge」は連邦の裁判官、「sex-trafficking」は人身売買や未成年の買春などを指す言葉です。
アメリカ有数の大富豪であるジェフリー・エプスタイン氏が、いまエベレストの頂上から海底へと沈みつつあります。

彼は大変な人脈とお金の持ち主ですが、日本のメディアではあまり報じられていませんね。しかし、ニューヨーク・タイムズは掘れば掘るほど情報が出てくると、続報を伝えています。

一体どのような人物なのか?まずはプロフィールから紹介します。

(7月に逮捕されたジェフリー・エプスタイン被告は8月10日、ニューヨークの勾留施設で意識の無い状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。)

告発者続々…華麗な経歴に詐称疑惑も

ジェフリー・エプスタイン氏(66)は元高校教師。その後、トレーダーに転身し、成功を収めます。総資産は1200億円ともいわれ、トランプ大統領によると「美しい若い女性が好き」とのこと。含みのあるコメントですね。

性的搾取を目的とする未成年者の人身取引の罪と、同様の犯行を共謀した罪の2件で逮捕・起訴されました。
また、これ以外にも被害を訴える人が「#Me Too」運動のように続出しています。全ての案件が裁判になるわけではありませんが、大きな騒動になっています。

逮捕以前にアメリカの雑誌が取材した内容によると、エプスタイン氏はある高校の数学教師として働いていましたが、金融業界に勤める教え子の親に見い出されてトレーダーになったそうです。

そして、投資銀行の重役になった後、独立して大成功。エプスタイン氏の弁護士は、2008年時点で「総資産は1200億円は下らない」と明かしています。
しかし、これにもいわくがあって、「多くのセレブと交流することによって自分の価値を盛っていた」あるいは、「自分の経歴も含めて詐称していた部分がある」と言われています。そのため、実際の総資産は現在のところ不明です。

そんなエプスタイン氏が、現地時間の7月6日に逮捕されました。
有罪の場合、最高で懲役45年の禁固刑となります。エプスタイン氏は一貫して無罪を主張していますが、“大富豪の一事件”に収まりそうにないのが今回の騒動です。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 11:31
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事