ここから本文です

陸上競技会、CFで上位選手に支援金 「稼げる競技でないのでありがたい」

8/18(日) 17:47配信

福井新聞ONLINE

 8月17日に福井県福井市で開かれたナイター陸上競技会「アスリート・ナイト・ゲームズ・イン・フクイ」をクラウドファンディング(CF)で一定額以上を支援した人たちは、トップアスリートとレースをしたり写真を撮ったりと、交流できる特典があった。

 北京五輪400メートルリレー銀メダリストの高平慎士選手(富士通)と100メートルを走った鯖江市中央中学校の女子生徒は「高平選手はスタートで一気に出て、最後までペースが落ちていなかった」と一流の走りを体感。自身は200メートルや800メートルに取り組んでいるといい「後半にペースが落ちるのが課題なので、粘りを身に付けたい」と学んでいた。

 集まった支援金を活用し、各種目の上位者には活動支援金が贈られた。女子100メートル障害を日本タイ記録で制した寺田明日香選手(パソナグループ)は「陸上は稼げる競技ではないのでありがたい。選手を応援したいけど、どうしたらいいか分からないファンも多かったと思う。CFは選手、ファンお互いにとっていいことだと思う」と歓迎していた。

  ×  ×  ×

 福井陸上競技協会(福井陸協)は、競技会の運営費や選手への活動支援金を、福井県に特化したクラウドファンディングサービス「ミラカナ」を活用して募集。県内外から目標の5倍を超える785万円を集めた。

福井新聞社

最終更新:8/18(日) 17:47
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事