ここから本文です

結婚して幸せになりたかった…家計を任せて騙された女性の傷跡

8/18(日) 19:10配信

MONEY PLUS

男女の関係において、「お金」は重要なファクターとなり得ます。お金の使い方、使い道、貯蓄への考え方などは、「価値観の違い」が浮き彫りになるところかもしれません。そして、「お金」が「愛情」と引き替えになる可能性もあるのが、男女の関係ならではなのです。

【データ】結婚する夫婦の「4組に1組以上」が再婚

愛しているからスピード婚をして

サキさん(仮名=以下同・42歳)が、「どうしても結婚したい、子どもがほしい」という思いを抑えかねたのが30代後半になってから。

「親が離婚していたこともあって、結婚願望はほとんどなかったんです。高校を出てから6年、必死にお金をためながら勉強もして大学へ行きました。卒業後は専門職について。好きな仕事だから苦痛ではなかったけど、収入はそれほどよくはなかったですね」

それでも仕事で認められることはうれしかったそうです。女友だちもいたし、週に1度、昔からやりたかったテニススクールに通うのが唯一の趣味で、生活に不満はありませんでした。ところが気づけば30代半ば。周りの女友だちはどんどん結婚していきました。

「友だちが家族の話をするのを聞くと、私自身、“家庭”というものをよく知らないので、温かい家庭を築いてみたいなと思うようになりました。36歳になったときは、このままだと一生、子どもがもてないと焦って……。結婚相談所にも登録して2年くらい活動していたんですが、なかなかこれという人に出会えなかった」

ドラマのような出会い

そんなとき、テニススクールに入ってきた3歳年下の男性と知り合いました。周りの女性が色めき立つほどのイケメンで、なおかつフレンドリーな彼に、サキさんも心が動いたそう。

「だけど私はろくに恋愛もしてきていません。20代のころに短期間つきあった人がふたりほどいただけ。しかもあんなイケメンと恋に落ちるなんて漫画みたいな話があるわけがないと思っていた」

ところがある日、帰り際にみんなでカフェに行き、彼はサキさんの隣にするりと座りました。そして人には聞こえないように「あなたのことがずっと気になっていた」とアプローチしてきたのです。彼女はそんなはずはないと信じられなかったものの、じっと見つめられると体が火照ったといいます。初めての経験でした。

「これが恋愛なんだ、私にもついに春が来たと思いました。つきあうようになっても彼は親切でやさしくて、いつでも私ファーストだったんです。彼から強烈にプロポーズされて、つきあって3ヶ月くらいで結婚しました」

これほどの人にはもう出会えない。彼ほど私を愛してくれる人はいない。自分も彼を誰より愛している。サキさんはそう確信したからこそ、38歳でスピード婚に踏み切ったのです。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 19:10
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事