ここから本文です

“24時間マラソン駅伝”よしこ&春菜は10キロ短縮…あさこは予定通りフル走行、最後の1人は当日発表

8/18(日) 20:54配信

スポーツ報知

 毎夏恒例の日本テレビ系「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(24、25日)のチャリティーマラソンを走るガンバレルーヤ・よしこ(28)、ハリセンボン・近藤春菜(36)の走行距離が42.195キロから32.195キロに変更されたことが18日、同局系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時58分)で発表された。

【写真】駅伝の練習をする3人

 今年は、4人のランナーがそれぞれフルマラソンの距離をつなぐ「24時間駅伝」形式で実施予定だったが、猛暑による熱中症、けがのリスクなど様々な安全面を考慮し、2人の走行距離を10キロ減らすことになった。

 いとうあさこ(49)と4人目の走者は、変わらずフルマラソンの42.195キロを走る予定。これによって、4人のタスキリレーの総走行距離は168.78キロから148.78キロになる。

 また、4人目の走者は24日の放送当日の駅伝スタート時に発表されることも決まった。

 この日の放送で、よしこは、チャリティーマラソンの練習について「ダイエットをしなさいと言われている。体重がひざにくる。私、走ることよりもダイエットの方がつらいです」と近況を報告し苦笑い。あさこから「よしこはサラダしか食べていないって言うんですけどね」と冷たい視線が向けられ、「2~3キロやせた」と言い張った。

 距離短縮について春菜は「複雑っていったら複雑ですね。最初に言っていただいた(42・195キロの)距離を達成できなかった」と心境を語った。

最終更新:8/18(日) 21:07
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事