ここから本文です

“あおり運転”男を逮捕 大阪市内で身柄確保

8/18(日) 14:16配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

高速道路で、あおり運転をして無理やり車を停止させたうえ、運転していた男性を殴るなどした疑いで公開手配された男が、18日午前に逮捕された。

事件は、公開手配から2日。

確保という形で、急展開を迎えた。

逮捕された宮崎文夫容疑者(43)は8月10日、茨城県の常磐自動車道で、あおり運転をして無理やり車を停止させたうえ、「殺すぞ」などと叫びながら、運転していた24歳の男性の顔を複数回殴り、けがをさせた傷害の疑いが持たれている。

警察は公開手配し、宮崎容疑者の行方を追っていたが、18日午前、大阪市東住吉区で身柄を確保し、逮捕したという。

警察は、16日、宮崎容疑者が経営する不動産関連の会社の事務所がある大阪市と愛知・名古屋市や神奈川県内の住居などの関係先を捜索していたが、その際には、所在は不明のままだった。

被害に遭った男性は「捕まっていなかったので不安な部分もあり、すごく怖かったけれども、これで本当に安心できた」と話している。

(関西テレビ)

FNN

最終更新:8/18(日) 14:54
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事