ここから本文です

Run Girls, Run!厚木那奈美 泣いてしまいそうなほど溢れる“ロボット愛”

8/18(日) 21:42配信

ニッポン放送

8月13日(火)、Webラジオ『Run Girls, Run!のオールナイトニッポンi』第99回が配信され、今回パーソナリティを務めるRun Girls, Run!の厚木那奈美が、ロボットの魅力を熱弁した。

『Run Girls, Run!のオールナイトニッポンi』は、2017年7月31日からサービスがスタートした『オールナイトニッポンi』の中の番組で、声優ユニット「Run Girls, Run!」のメンバー3人が週替わりで一人ずつパーソナリティを担当。今回は、Run Girls, Run!(RGR)から、“あっちゃん”こと厚木那奈美が登場した。

ニュースサイト「ダ・ヴィンチニュース」が配信する、声優の仕事やプライベートに密着したインタビュー企画「声優図鑑」(8月2日配信)で、小学生の頃の夢は「科学者になること」と語った厚木。そのロボット愛は確かなもので、以前より「ロボコン」(正式名称『アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト』=競技課題に対してロボットを制作し競い合う大会)を観戦しに行ってみたいと思っていたという。だが、ロボット同士が熱くぶつかり合う姿を見ると感動してしまい、泣いてしまうかもしれないと思い、未だに行けていないことを明かした。

「ロボコンって、すごく激しい競技なんですよ。何度もロボット同士がぶつかりあったりとか、わざと相手のロボットを壊すようなシーンもあったりするんですよ。それも戦略だから全然いいんですけど。上から叩き潰したりとか、相手のロボットをひっくり返す、みたいな仕様があって。実際に戦いながら壊れていくロボットを見ていると、『心が痛い!』って思っちゃうんです。私、小さい頃はロボット科学者になりたかったので、思いを込めたロボットが壊れていく姿を見るのが、本当に心が痛かったんです。もうロボコン見たら泣いてましたね(笑)」

ロボット同士の戦いに圧倒されつつも、胸が熱くなると話す厚木。

また他にも、ロボットクリエイター高橋智隆氏が設計したロボット「robi(ロビ)」にも興味があるとのこと。robiには、筋トレを一緒に行うモードもあり、厚木は「もう超かわいい! 私も筋トレ一緒にしたいです!」と一段と声を弾ませながら語った。

ニッポン放送

最終更新:8/18(日) 21:42
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事