ここから本文です

ノア、激闘必至のリーグ戦が開幕 不参加の王者・清宮は何を見せる!?

8/18(日) 11:05配信

AbemaTIMES

 プロレスリング・ノアのシングルリーグ戦『N-1 VICTORY』が、8月18日の名古屋大会からスタートする。A・B各5名ずつの総当たり。9月16日の大阪大会で、両ブロックの1位同士が優勝を争う。出場選手とブロック分けは以下のとおり。

〈Aブロック〉
丸藤正道、杉浦貴、潮崎豪、マサ北宮、アレックス・ハマーストーン
〈Bブロック〉
中嶋勝彦、谷口周平、拳王、望月成晃、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

 シングル総当たりだけに注目カードは数多いが、特に期待が大きいのは9.7横浜大会での丸藤vs杉浦か。どちらも長きにわたってノアを支えてきた一流のベテラン。その2人の闘いをラジアントホールという小規模会場で(つまり間近で)見られるのは嬉しい。

 7月の鈴木秀樹戦をはじめ“覚醒寸前”の雰囲気がある潮崎と丸藤、杉浦たちの対戦も楽しみだ。Bブロックも星の潰し合いは必至。中でもリングネームを本名に戻した谷口の爆発ぶりは要注目だ。プロレスにおける蹴り技の使い手として現在最高峰と言えるであろう中島の実力者ふりも、ここで多くのプロレスファンに確認してほしいところ。

 ただこのリーグ戦、現GHCヘビー級王者である清宮海斗の不参加が物議を醸している。タイトル奪取以来、新体制のノアを牽引してきた23歳のチャンピオンが見据えるのは11月2日の両国国技館大会だ。「ベルトの価値をもっと高めたい。そのためにN-1の優勝者と両国で防衛戦をやります」と清宮。

 リーグ戦の結果に左右されることなく、年間最大のビッグイベントでのタイトルマッチを早々に“確定”させるのが清宮の狙いだったのろう。だが当然、反発する選手やファンも出てくる。N-1を団体の最強決定戦と捉えるなら、王者不在では成り立たない。「それでは単なる挑戦者決定戦だ」というわけだ。

 とはいえ王座を制定している団体において“最強”とはすなわちシングル王者であり、最強決定戦とはチャンピオンシップ。リーグ戦やトーナメントの意味づけが団体によって異なるのも当たり前のことだ。もちろん、リーグ戦が盛り上がってもチャンピオンの存在感が薄くなっては意味がない。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 11:05
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事