ここから本文です

木村拓哉 ジャニー喜多川さんに感謝「『YOUやっちゃいなよ!』という一言が大きかった」

8/18(日) 12:12配信

TOKYO FM+

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。8月のゲストには、女優の杉咲花さんが登場。8月18日(日)の放送では、リスナーから寄せられたメッセージに答え、杉咲さんにとっての“人生の1曲”を聞きました。

◆「『YOU来てよ』って言われて…」

<リスナーからのメッセージ>
「僕はとても恥ずかしがり屋で、本音や感情を表に出すことが本当に苦手です。学校の集合写真はいつも表情が硬く、笑顔で写りたいけど表情が引きつってしまいます。みんなからは『怒っているの?』『楽しくないの?』と言われることも。また、意見を言うのも苦手で、注目を浴びると本当のことが言えません。恥ずかしがり屋を克服して、みんなと本音で話がしたいです」(14歳 男性)

普段、あまり緊張することがないと言う木村。「緊張する前に、(ジャニー喜多川さんおなじみのフレーズ)『YOUやっちゃいなよ!』という一言が大きかった」と話し、あるエピソードを打ち明けます。

「(ジャニーさんに)『YOU来てよ』って言われて、『はい!』って行ったら、青山の喫茶店に連れて行かれて。テーブルに(演出家の)蜷川幸雄さんがいて、『おぉ、今回はよろしく』って言われて。『よろしくって……何がですか?』って聞いたら、『YOUやっちゃいなよ!』って」と、蜷川さん演出舞台の出演が決まったときのエピソードを明かします。

相談者からの質問に戻り、木村は「学校の世界観は独特だし、自分を表現しづらいよね?」と尋ねると、「確かにそうですよね」と大きくうなずく杉咲さん。

続けて、「学校でみんなの前でスピーチしなければいけないときって、私もすごく緊張しました。でも、周りを見てみると、みんな緊張しているじゃないですか。“自分だけじゃないんだ”って思って」と自身の経験を語り始めます。

「あと何人目で自分の番がくるって、きっとみんなカウントダウンしていてそれどころじゃなくて。次に自分がスピーチすることで頭がいっぱいだから(ほかの人のスピーチを)覚えていないんじゃないかと思って。それからは、緊張しなくなりました」と話します。

そんな経験談に、木村は「これは使えるんじゃないかな」と絶賛。「きっと緊張するだろうけど、そのたびにこのラジオで“(そんな)話をしていたな”って思い出してくれた瞬間、リラックスに変えられるんじゃないかと思う」とアドバイスを送りました。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 12:12
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事