ここから本文です

「完敗」に危機感募らせる槙野「負けちゃったで終わらせないように」

8/18(日) 9:32配信

SPORT.es

17日のヴィッセル神戸戦で3-0の敗北を喫した浦和レッズの日本代表DF槙野智章が試合後のミックスゾーンでメディアに応じた。

移籍後初ゴールの山口、酒井のキャプテンシーに期待「引っ張っていける選手」

槙野は「完敗でした」と切り出し、「これをしっかり受け止めないといけないし、負けちゃったで終わらせないようにしないといけない。このままだとズルズル行ってしまいますし...」と危機感を募らせている。

槙野は続けて「直近のゲームを振り返っても3分け1敗だから、なんとか次の(松本)山雅戦からもう一回踏ん張らないと、せっかく残っているACLに響くし、次はホームなので今日完敗した中でもできたことはもちろんあるので、できるだけ早く立ち直らなきゃいけない」と前を向いた。

中盤にスペースを与えていまい、最後まで修正を加えられなかった点について槙野は、「相手の出し手に対するプレスがうまくはまっていなかったですね。チームとして時間が経つにつれて良くなるはずなのに、悪くなっていった。そして失点を重ねてしまった。もう1点、2点取られてもおかしくなかった」と力なく答えた。

SPORT

最終更新:8/18(日) 9:33
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事