ここから本文です

【札幌記念】ルメール「エンジンのかかりが…」フィエールマンは3着

8/18(日) 22:11配信

競馬のおはなし

 1番人気に支持されたG1馬のフィエールマンは、ラストは追い上げてきたものの3着までとなった。長距離戦を使った影響なのかエンジンのかかりが遅く、伸びてきたところでゴール。ここを使ってまだまだ良くなりそうな雰囲気があるだけに、負けはしたが十二分に伸びしろがありそうな走りだった。

3着 フィエールマン
C.ルメール騎手
「良い競馬が出来ました。狭いコース短い距離でしたし、エンジンのかかりが遅かったです。次は良くなると思いますし、今回休み明けでしたので、これからパワーアップしてくると思います。まだ経験はありませんが、2400mはベストだと思いますよ」

 レース結果、詳細は下記のとおり

 18日、札幌競馬場で行われた11R・札幌記念(G2・3歳上オープン・芝2000m)で3番人気、川田将雅騎乗、ブラストワンピース(牡4・美浦・大竹正博)が快勝した。クビ差の2着にサングレーザー(牡5・栗東・浅見秀一)、3着に1番人気のフィエールマン(牡4・美浦・手塚貴久)が入った。勝ちタイムは2:00.1(良)。

 2番人気で福永祐一騎乗、ワグネリアン(牡4・栗東・友道康夫)は、4着敗退。

ハービンジャー産駒 ブラストワンピース

 昨年の有馬記念以来、ここ2戦勝利から遠ざかっていたブラストワンピースが復活の勝利を飾った。最内枠を生かし終始インのロスのないポジションでレースを進めると、直線入り口でも狭い内をこじ開けるように進路を切り開き、先に抜け出したサングレーザーをゴール前で見事に捉えた。

ブラストワンピース 10戦6勝
(牡4・美浦・大竹正博)
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ブラストワンピース
2着 サングレーザー
3着 フィエールマン
4着 ワグネリアン
5着 ペルシアンナイト
6着 エイシンティンクル
7着 クロコスミア
8着 クルーガー
9着 ステイフーリッシュ
10着 ゴーフォザサミット
11着 ロードヴァンドール
12着 ナイトオブナイツ
13着 サクラアンプルール
14着 ランフォザローゼス

最終更新:8/18(日) 22:11
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事