ここから本文です

トッテナム監督、マンC戦でひと悶着あったVARに言及「今日は我々に恩恵を...」

8/18(日) 12:02配信

SPORT.es

エティハド・スタジアムでマンチェスター・シティと引き分けた(2-2)後、トッテナムの監督マウリシオ・ポチェッティーノは、今季からプレミアリーグに本格導入されたVARについて言及している。

欧州CLかリーグ制覇か…プレミアで影響力を持つ2人の意見が対立!

「我々はそれ(VAR)を受け入れなくてはならない。批判を巻き起こすような判定があった時も私は受け入れている。我々はルールに従わなくてならない。今日は我々に恩恵をもたらしてくれた...。だが、どこかのタイミングで我々に悪影響を及ぼす日が来ることは明確である。これはルールであり、そのようなものとして受け入れなくてはならない」とポチェッティーノは指摘している。

また「私は勝ち点1を獲得できたことにとても満足しているが、我々が改善する必要があることは明らかだ。我々は成長の過程にある。全ての分野で少しずつ進んでいき、ベストに近づいていくことはその過程の一部である」と勝ち点1の重要性を主張した指揮官は付け加えている。

最後に同指揮官は貴重な同点ゴールを上げたルーカス・モウラの活躍を称えた。
「あれは素晴らしいゴールだった。マンチェスター・シティのようなクラブと対戦する時は、常に持ってる力の最大限を出す必要がある」と締めくくっている。

SPORT

最終更新:8/18(日) 20:02
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事