ここから本文です

台湾で再出発の川崎、9月中旬にも実戦デビュー

8/18(日) 10:50配信

西日本スポーツ

 台湾プロ野球(CPBL)の味全で客員コーチ兼任で現役復帰した川崎宗則内野手(38)が17日、台湾・雲林県の斗六野球場でキャンプインした。

【写真】川崎氏の兼任コーチ就任を報じる現地の新聞

 味全は10月末から11月初めにかけてキューバ代表、オーストラリアのチームとの交流試合を調整中だが、9月中旬に中国のチームとの試合も組まれ、川崎はここで初めて実戦に出場する可能性がある。

 葉君璋監督は「台湾の暑い気候の負担に慣れる必要がある。彼とコミュニケーションを取っていく」と話した。

西日本スポーツ

最終更新:8/18(日) 10:58
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事