ここから本文です

ベイル残留へ ジダンが明言「優れた守備をするための鍵」

8/18(日) 13:05配信

SPORT.es

17日(土)、レアル・マドリーの監督ジネディーヌ・ジダンは、リーガ・サンタンデールのセルタ・デ・ビーゴとの初戦での勝利(1-3)において最も重要な活躍を見せたガレス・ベイルについて言及している。

蓋を開けたら3発勝利のレアル 渦中のベイルも先制アシストで存在感

「我々はベイルの去就について試合前にすでに2、3度話し合った。現状の保有選手達で今シーズンを戦うことだけを考えている」とバライードスで行われた試合後のプレスカンファレンスでジダンは明かしている。

カリム・ベンゼマの先制ゴールをアシストしたベイルについて、「我々は今シーズンのことを考えており、ここにいるみんながこのユニフォームを着て全力を尽くしている」と返答している。

「我々は今いる選手達と戦っていくし、今いる選手達と次の試合を戦うことを考えている。選手達にも、セルタ相手に勝ち点3を奪えたことにも、非常に満足している」とジダンは繰り返し主張している。

「いいパフォーマンスと共に勝ってシーズンをスタートさせることは、非常に重要である。特にこれまではいいプレーができていても結果が伴わない苦しい状態だった。今日のパフォーマンスは素晴らしかった。今日はこの勝利を楽しもう」と語っている。

「全員の頑張りに価値があったと思う。ベイルとヴィニシウスの守備的な貢献も非常に重要であり、優れた守備をするための鍵である。そして、我々はボールを持ったときにはいつでも相手を苦しめることができる」と締めくくっている。

SPORT

最終更新:8/18(日) 13:05
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事