ここから本文です

バイエルン指揮官 「ドイツサッカーがコウチーニョを歓迎している」

8/18(日) 16:02配信

SPORT.es

FCバルセロナの幹部ギジェルモ・アモールがコウチーニョの退団を公表。その直後、バイエルン・ミュンヘンがフィリペ・コウチーニョの買取りオプション付きローン移籍を発表している。

ベイル残留へ ジダンが明言「優れた守備をするための鍵」

「コウチーニョの移籍に関して基本的な合意に達した。今後数日間で詳細を確定し、移籍前のメディカルチェックが行われる」とコウチーニョの加入を公式発表したFCバルセロナ。

一方、16日(金)のブンデスリーガの開幕戦となるヘルタ・ベルリン戦を2-2で引き分けたバイエルンは、バルサの発表の直後にコウチーニョ獲得を公表している。
「ブラジル代表のコウチーニョは1年間のローン移籍でバイエルンに加入する。バイエルンはコウチーニョの買取りオプションを有する」と公式HPで発表している。

「彼はトップレベルのプレーヤーだ。我々は優れたテクニックを持ち、チームの攻撃力を向上させる選手が欲しい。ブラジル代表のコウチーニョは1年間のレンタル移籍でバイエルンに加入する。さらにバイエルンはコウチーニョの買取りオプションを持っている」と、バイエルンのCEOカール=ハインツ・ルンメニゲは喜びをあらわにした。

また、バイエルンのSDハサン・サリハミジッチは次のようにコメントしている。
「コウチーニョを得て我々はサポーターたちに素晴らしいものを提供できるだろう。今季のチーム編成のために我々は偉大な仕事を成し遂げた」

さらにバイエルンの監督ニコ・コヴァチは、「バイエルンだけではなくブンデスリーガ全体、ドイツサッカー全体が彼のような偉大な選手を歓迎している」と述べた。

コウチーニョの移籍の理由について尋ねられたSDギジェルモ・アモールは、その理由が高額な年俸を払い続けることを避けるためや、ネイマール獲得のためでも無いと強調している。
「ネイマールについて多くの噂があるが、我々はそのことばかりに集中しているわけでは無い。移籍市場の期限までは動きがあるかもしれないが、一番重要なのは今だ」

今確かなのはFCバルセロナ史上最も高額な選手となったコウチーニョが退団することだ。コウチーニョは2017/18シーズンにリヴァプールから1億2,000万ユーロ(約141億円)+4,000万ユーロ(約47億円)でバルサに移籍したが、期待された成果を残せず1年半後にバルサを去ることになった。

「コウチーニョの件は今実際に起きていることだが、ネイマールの件は今話すべきではない。なぜなら今のところ何も無いからだ。彼はPSGの選手であり、リーガはすでに始まっている」とバルサのSDは述べている。

SPORT

最終更新:8/18(日) 16:02
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事