ここから本文です

京都アニメーションが世界中から愛される理由。京アニ品質の源泉はどこにある?

8/18(日) 19:45配信

LIMO

京都アニメーションを襲った凄惨な放火事件から1カ月。そのショックや悲しみの波紋はまだ続いています。中でも、事件直後から国内のみならず、海外からもお見舞いや支援の声が数多く届いているのはご存知の通りです。

このように、京都アニメーションというアニメ制作会社があまりに多くの支持と高い評価を集めていることに驚いている人も多いことでしょう。「アニメは小学校と同時に卒業しました」という向きには、世界各国から集まる支持と高評価の理由が今一つピンとこないという人もおられるかもしれません。

そこで、小学校は卒業したけれどアニメは卒業していないおじさんが、ちょっと知ったかぶったお話をしてみようと思います。「京アニがすごいって言われるのはどうして?」というお話です。

「手抜きなし」の高品質追求を貫く

京都アニメーションという会社は、その名の通り京都にあります。本社は宇治市。手塚治虫が創設したアニメ制作会社・虫プロダクションで「仕上げ」という工程に携わっていた女性が退職後に京都に移り住み、1981年に近所の主婦らとともに大手アニメ制作会社の仕上げを請け負ったのが京都アニメーションのはじまりだったそうです。

京都アニメーションの仕事は丁寧で質がいいことが業界ではつとに有名で、テレビアニメの重要な回はぜひ京アニに、と制作スケジュールを調整する会社もあったのだとか。その頃から現在まで、一切の手抜きなしの姿勢を京都アニメーションは貫いています。

その質の高さは視聴者の目を奪います。誰が見ても「巧い」「きれい」ということがわかる画面がつくられます。アニメについて、あるいは絵画について、イラストについて、知識がないという人でも、京都アニメーションの作品と他のアニメ作品を見比べてみれば、きっと違いがわかるでしょう。

もちろん、ただ「巧い」、ただ「きれい」というだけではありません。よく見るとそれら要素はすごさの「基礎」の部分であって、実際のすごさはその上に積み重ねられた時間と手間と技術の結果なのです。

京都アニメーションの代表作として挙げられるのは『涼宮ハルヒの憂鬱』、『けいおん!』、『響け! ユーフォニアム』など。いずれの作品もみずみずしい少女たちの感情の起伏を豊かな色彩で描き出しています。また、本年2019年9月には劇場用作品『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝-永遠と自動手記人形-』が公開される予定です。

1/3ページ

最終更新:8/18(日) 22:30
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事