ここから本文です

年収300万円の平均貯蓄額は700万円。貯金できる人は何が「上手」なの?

8/18(日) 19:15配信

LIMO

「貯金が700万円ある」と聞くと、高給取りの人では?  と考えますが、例えば年収300万円前後の人でもしっかり貯金できている人もいます。手取りを考えると余裕なんてなさそうなのに…どのような工夫をして貯めているのでしょうか。

年収別の貯蓄額は?みんなどれくらい貯めているの?

総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、勤労者世帯(2人以上世帯)の年間収入階級別の貯蓄現在高は以下のようになっています。(「2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別 貯蓄現在高」の表を参照)

年間収入が600万円以上の勤労者世帯では貯蓄現在高の平均値が1000万円を突破しており、年間収入が上がるにつれて貯蓄現在高も上昇しています。

一方、年間収入600万円未満の世帯に絞ってみると、必ずしも「年間収入が上がれば貯蓄現在高も増える」という関係にはなっていません。なかでも、年間収入250~300万円の階級で貯蓄現在高が700万円超となっている点が目を引きます。

国税庁が公表した『平成29年分民間給与実態統計調査』によると1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は432万円です。年間収入が平均を下回っていても、しっかり貯金できる世帯があることがわかります。

貯金にもコツが必要です。以下では、貯金上手な人の特徴やコツなどをご紹介します。

貯金上手な人は何が「上手」なの?

 (1)「損切り」がうまい

お金をしっかり貯めている人は、実は、あきらめ上手だといえます。いわゆる「損切り」が上手いのです。
何らかの対象に金銭的・精神的・時間的投資をしているとき、そのまま続けていると損失につながる場合もあります。

例えば、習い事でせっかく楽器を購入したのだから途中でやめられない。それまでの投資分が惜しくなってしまいます。でも、気づいた時にどう判断できるのかが重要です。せっかくの旅行であっても、天候や体調面を考慮して引き返す決定をしたり。早めに中止する、損失の拡大を食い止めるという判断は、貯金に限らずとても重要なことなのです。

 (2)自分にできることを模索する

貯金や節約も、性格的に実行できること、できないことがありますよね。たとえば、一般的には「貯金するなら先取り貯金」といわれていますが、赤字傾向であれば先取り貯金は必ずしも適した方法とはいえません。ここで自分に合う方法を模索して、例えば500円玉貯金などに切り替える選択肢もあります。目に見える貯め方のほうが続けられる場合もあるのです。

1/3ページ

最終更新:8/18(日) 22:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事