ここから本文です

『劇場版おっさんずラブ』公開直前! おさらい&気になるポイントまとめ

8/18(日) 8:30配信

クランクイン!

 “おっさん同士の純愛”を真正面から描き、Twitter世界トレンド1位や2018年度の新語・流行語大賞トップ10入りを果たすなど社会現象的な人気を巻き起こした『おっさんずラブ』。『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』(8月23日公開)の封切りを控えた今、映画をより楽しむために押さえておくべきポイントをまとめてみた。

【写真】爆発、本社VS支社、五角関係! いろいろ起きる『劇場版おっさんずラブ』場面写真


■ “おっさん同士”が繰り広げるド直球の純愛ファンタジー

 『おっさんずラブ』は、結婚願望はあるがモテないサラリーマンの春田創一(田中圭)がある日突然、直属の上司である黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林遣都)から告白されたことから始まる“おっさん同士の恋愛”を描いたラブコメディ。春田への気持ちをストレートにぶつける黒澤の乙女っぷりや、同性との交際経験のない春田との恋愛に苦悩する牧の姿をときにコミカルに、ときにシリアスに描いた物語は、世代や性別を超えて多くの視聴者の共感を生んだ。また黒澤や牧からのアプローチに困惑するものの、2人を拒絶せず真剣に向き合おうとする春田の姿も本作の人気を後押しした。

■ “はるたん”と“牧くん”は交際継続中も…

 本作のメインとなるのは春田とパートナーの牧の恋愛だ。ドラマ版の前半では2人の出会いからルームシェア、そして交際へ至る過程を笑いを交えつつ活写。そして後半では同性との恋愛経験のなかった春田の困惑や、彼にとっての幸せを考え苦悩する牧の姿がエモーショナルに描き出された。紆余曲折を経たドラマ版の最終回では改めてお互いの思いに気づき2人は晴れて結ばれることに。ラストシーンでは愛と笑顔にあふれた2人の幸せなキスシーンで視聴者の涙を誘った。劇場版では1年に及ぶ遠距離恋愛を終えて日本で交際を続けることになる春田と牧。しかし牧はある会社のプロジェクトを巡って春田に立ちはだかることに…。

■ 恋に破れた部長、そのほかのキャストの恋路は?

 春田への思いと乙女チックなアプローチでファンの間では“ヒロイン”として知られる武蔵(吉田)。劇場版ではある事故をきっかけに記憶喪失になってしまい春田への恋心が再燃するという展開に。そのほか、ドラマ版最終回で、優男風のイケメンをゲットしたちず(内田理央)や、ちずの兄・鉄平(児嶋一哉)と交際することになった春田の同僚“まいまい”こと舞香(伊藤修子)、武蔵の元妻・蝶子(大塚寧々)に猛烈にアタックをしていた春田の後輩・歌麻呂(金子大地)ら、それぞれのカップルの進展は描かれるのだろうか。




■ 新キャスト・沢村一樹&志尊淳は恋にどう絡んでくる!?

 俳優の沢村一樹と志尊淳が劇場版新キャストとして発表されるとSNSにはファンからの「凄いメンバー!」「ヤバすぎですね」などの歓喜の声が殺到。沢村が演じるのは、春田の勤める天空不動産で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のリーダーで、春田の前に立ちふさがる強敵・狸穴迅(まみあなじん)。狸穴は本社勤務となった牧をプロジェクトに巻き込むだけでなくただならぬ感情を抱いているようで…。一方の志尊が演じるのは、春田が所属する天空不動産第二営業所に配属された新入社員・山田正義(ジャスティス)。陽気な性格の彼は春田を兄のように慕い、やがてその気持ちに変化が訪れていく。

■ 爆発、本社VS支社…ドラマからのスケールアップ!

 劇場版は言うまでもなくドラマ版から格段にスケールアップ。ドラマ版で描かれた春田、牧、武蔵の三角関係は、狸穴とジャスティスを含めた五角関係に発展。ドラマ版は、ほとんどが天空不動産の東京第二営業所内での出来事だったが、劇場版では新たなプロジェクトを立ち上げる本社との対立も描かれる。さらに大規模な爆破シーンの撮影や香港ロケも行われており、劇場版はまさに“LOVE or DEAD”のサブタイトルにふさわしい内容にスケールアップへの期待が募る。23日、われわれ観客はスクリーンでどんな“LOVE”と“DEAD”を目撃するのだろうか。

最終更新:8/18(日) 8:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事