ここから本文です

京都「車折神社」で推し活お守り授与開始、参拝者良席祈る

8/18(日) 11:00配信

Lmaga.jp

ライブやコンサートの当選や良席を祈るファンのためにうまれた「推し活お守り」。その御神体を祈祷した京都・嵐山の「車折(くるまざき)神社」(京都市右京区)で14日からお守りの授与が開始され、多くの人々が訪れている。

【写真】全9色で、織りの模様がCDの柄になっている推し活お守り

さまざまな推し活グッズを発売している「タワーレコード」が、ファンクラブに入会していてもチケットが入手困難な昨今において、ファンを応援したい思いから企画したというこのお守り。アーティストカラーに合わせて全9色をラインアップし、芸能神社が境内にある「車折神社」が祈祷したご神体が入っていることから、SNSで話題に。タワレコ店頭では品切れが続出するなど大反響となった。

「車折神社」は芸能人が公演の成功や作品のヒット祈願に訪れる芸能神社があるため、芸能人向けのお守りはあったものの、「芸能人のファン」向けに特化したお守りは存在していなかったという。車折神社の宮司・高田能史さんは「今の時代においては、一方的かつ主観的なコンテンツ発信だけでは何事も盛り上がりに欠ける。ユーザーの視点に立つことが重要なポイントであると考えております」と、ファンを応援するためのお守りを授与することとなった経緯を明かした。

この日、「車折神社で授与されるとご利益がありそう」と、朝10時から人が途切れることなく訪れ、目的のカラーのお守りを授与。Hey!Say!JUMPのファンだという親子やSixTONES推しの女性2人組、アイドリッシュセブンなど何個か掛け持ちしているという女性、アニメファンの男性などさまざまなファンが願いをこめ、参拝していた(ちなみにこの日は推し色ピンク率が高かった)。神社での「推し活お守り」(各700円・税別)は1人2体まで。

最終更新:8/18(日) 11:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事