ここから本文です

川を買って路面電車通りに 駅と甲子園球場、甲子園線を生んだ阪神電鉄の「大きな賭け」

8/18(日) 14:00配信

乗りものニュース

甲子園の場所は、かつて周りが川だった

 阪神電鉄本線の甲子園駅(兵庫県西宮市)の南側には、プロ野球球団「阪神タイガース」や本拠地や高校球児の“聖地”などとして知られる阪神甲子園球場がそびえ立っています。駅と球場のあいだにあるスペースは、試合やイベントのたびに来場者でびっしり埋め尽くされます。実はこの球場の前を、かつて路面電車が走っていました。

【写真】阪神甲子園線の跡をたどる

 およそ50年にわたってこの地を走っていたのは、阪神電鉄の路面電車「国道線」の支線、通称「甲子園線」です。たった3kmほどの短い路線でしたが、終点の浜甲子園駅の周囲には関西有数の住宅団地や遊園地、学校などがびっしり連なり、その営業成績は最後まで好調を保っていました。

 しかし、甲子園線が開業する前は、この場所は人家もまばらでした。また甲子園線が走ることになるルートは道ではなく、武庫川から分かれた枝川と申川という川だったのです。

 枝川は、本流である武庫川の1kmほど西側を並行して流れ、途中でさらに申川と分かれて大阪湾に注いでいました。阪神本線が開業した1905(明治38)年当時、いまの甲子園駅の場所は枝川を渡る鉄橋であり、そのときはもちろん球場も駅もありませんでした。

川はいかにして「路面電車通り」と「球場」に変わった?

 変化が訪れたのは大正時代中期です。兵庫県が、枝川を廃川(川を廃止する)し払い下げる方針を打ち出したのです。背景には予算に窮していた県の懐事情がありました。しかし「川を売却する」とはいうものの、数kmに及ぶ細長い土地の買い手などなく、県の新たな悩みの種となっていました。そこに手を挙げたのが阪神電鉄だったのです。

 この地の宅地化を目論んだ阪神電鉄は、河川工事の費用をプラスしたうえで実に410万円を支払いました。その金額は明治から大正にかけて進められ「世紀の大工事」といわれた大阪電気軌道(現・近鉄)の生駒トンネルの総工費269万円を大きく上回り、現在の価値に換算すると20億近い巨大投資でした。同時期の1920(大正9)年、北側に阪急神戸本線が開業し沿線開発の競争相手が増えた阪神は、新しい乗客を獲得するための大きな賭けに出たのです。

 1923(大正12)年に武庫川と枝川のあいだは締め切られ、枝川・申川の流れが消えました。干上がった枝川の流路には土木工事用のレールと道路が整備され、周囲には住宅地が次々と造成されていきます。申川と枝川に挟まれた三角州には「甲子園大運動場」(現在の阪神甲子園球場)と阪神本線の甲子園駅が造られました。5万人収容の球場と、駅・電車は、1924(大正13)年8月1日の完成を待って開催された全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会)により、満員の人々でにぎわう日も出てきます。そして1926(大正15)年、路上のレールは「甲子園線」として旅客を運ぶようになりました。本線の甲子園駅も、この年から通年営業になります。

 世間では、「狐か狸の巣みたいなところをえらい金で買うて、阪神はどないするつもりや」(『阪神電気鉄道百年史』原文ママ)とまでいわれた土地でしたが、「阪神本線の梅田・三宮方面のいずれかの電車運賃1年間無料」という大盤振る舞いにより、宅地は驚異の速度で売れていきます。のどかな川は道路と線路に変わり、地域はわずか10年ほどのあいだに、「2本の電車が交差する街」として変化を遂げました。

 兵庫県は長年の懸案であった武庫川本流の堤防工事や道路工事を一気に進め、新しい道路(国道2号)にも、後に阪神の路面電車が通ることになったのです。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 21:18
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事