ここから本文です

最大4.5%還元! PayPayを利用するなら「ヤフーカード」がおすすめ

8/18(日) 17:00配信

BCN

 スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」の支払方法の一つであるクレジットカード払いで、どのクレジットカードと連携しているだろうか。せっかくなら、少しでも得するクレジットカードの方がいい。そこで、PayPayの「おすすめクレジットカード」として「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」を紹介しよう。どれくらい得なのかを解説する。



●ヤフーカード×PayPayのポイント還元率は高い
 PayPayとヤフーカードの連携を勧める最大の理由は、何といってもポイント還元率の高さだ。ヤフーカードの基本ポイントとして1.0%、PayPayの利用分として3.0%のポイントが付与され、合わせてポイント還元率4.0%。例えば、1万円の商品をPayPay(ヤフーカード連携)で支払うと、「400ポイント」となる。さらに、Tカード加盟店の場合は0.5%のポイントが付与される。合わせて、4.5%という高還元率だ。
 

 他のクレジットカードをPayPayで利用すると、3.0%のポイント還元率が大幅に減少。ポイントを少しでも多くためたいなら、ヤフーカードだ。
●「ワクワクペイペイ」で20.5%付与、最大1000円相当戻ってくる可能性も
 PayPayでは、キャンペーンとして「毎月いつもどこかでワクワクペイペイ」を開催しており、8月が、飲食店やスーパー、コンビニで、11時から14時までの期間に使えば最大20%のポイントを付与している。ヤフーカードは19%だが、ここでもヤフーカードの方が得という理由がある。

 例えば、Tポイント対象店舗(ファミリーマートなど)で、ソフトバンクまたはワイモバイルのスマートフォンユーザー、Yahoo!プレミアム会員が、Tカードを提示(PayPayアプリ上もしくは実際のヤフーカード)して、決済方法をPayPayのヤフーカード払いにした場合、「1%(カード分のTポイント)+19%(PayPayボーナス)+0.5%(Tポイント加盟店のTポイント、200円につき1ポイントなど)=20.5%」が付与されることになる。

 また、「PayPayチャンス」で最大1000円相当の「PayPayボーナス」がもらえる点も見逃せない。ヤフーカードを連携させてPayPayで支払うと、20回に1回の確率で1000円相当のPayPayボーナスが付与される。他のクレジットカードでは利用できないので、ヤフーカードだと「お得なサービス」ということだ。
 

●万が一の場合でも安心
 このほか、90日間のショッピングガード補償、18種類の補償がプラス(有料)など、保険内容が充実していて安心。さまざまな場面で高還元率ということを含めて、ヤフーカードを持つことを勧めたい。(フリーライター・平本良太)

最終更新:8/18(日) 17:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事