ここから本文です

ハンググライダー58人操縦技術競う 池田山カップ開幕

8/18(日) 8:55配信

岐阜新聞Web

 ハンググライダーの操縦技術を競う第15回池田山カップ(実行委員会主催、岐阜新聞社、岐阜放送など後援)が17日、岐阜県揖斐郡池田町の池田山山頂近くのパラグライダー・ハンググライダー発進基地で開幕した=写真=。18日まで。

 世界選手権の優勝者も参加するなど国内最高峰の大会。全国の20~60代の男女とイタリア在住の選手計58人が出場。今回は15日から4日間の日程だったが、台風の影響で15、16日は中止となった。

 開催日の天候を見て設定されるチェックポイントを通過してゴールまでのタイムを競い、2日間の総合ポイントで順位を決める。17日は池田山から池田町、同郡大野町上空を巡り、同揖斐川町内に着地する約45キロのコースで実施。選手たちは順番に大空へと飛び出していった。

岐阜新聞社

最終更新:8/18(日) 8:55
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事