ここから本文です

スパーズが4度の優勝に大きく貢献したトニー・パーカーの背番号9を永久欠番へ

8/18(日) 8:32配信

バスケットボールキング

チーム歴代最多のアシスト数を残したパーカーはスパーズ史上10人目の永久欠番

 8月17日(現地時間16日)、サンアントニオ・スパーズは昨季終了後に現役を引退したトニー・パーカー(元スパーズほか)が着用していた背番号9を永久欠番にすることを発表した。

 2001年ドラフト1巡目28位でスパーズから指名されたパーカーは、ルーキーシーズン序盤からスパーズの先発ポイントガードの座を奪い、一昨季まで17シーズンをプレー。昨季はシャーロット・ホーネッツに所属していたものの、キャリアの大部分をスパーズの一員として大活躍。

 ベルギー生まれ、フランス出身のパーカーは徐々に頭角を現し、キャリア5年目となった05-06シーズンにオールスターへ初選出。07年のファイナルではシリーズトップの平均24.5得点に5.0リバウンド3.3アシスト、フィールドゴール成功率と3ポイント成功率はいずれも50パーセント超えの大活躍でファイナルMVPに輝いた。

 スパーズでプレーした17シーズンで、パーカーは4度の優勝をはじめ、オールスターに6度、オールNBAチームには4度選ばれた。

 また、パーカーはレギュラーシーズンにおいて、スパーズのフランチャイズ史上トップとなる6,829アシスト、2位の通算出場試合数(1,198)、4位の通算得点(1万8,943)というすばらしい実績を残してきただけに、この男の永久欠番入りは文句なしだろう。

 ティム・ダンカン、マヌ・ジノビリ(いずれも元スパーズ)と共に“ビッグ3”として君臨してきたパーカーの永久欠番セレモニーは、11月12日(同11日)のメンフィス・グリズリーズ戦の前にホームのAT&Tセンターで行われることとなる。

 なお、スパーズの選手で永久欠番となるのはパーカーが10人目。ダンカン(21番)やジノビリ(20番)、デイビッド・ロビンソン(元スパーズ/50番)らと肩を並べることとなった。

BASKETBALL KING

最終更新:8/18(日) 8:32
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事